スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ナイアシンと統合失調症

ナイアシンというビタミンの一種を用いたナイアシン療法という医学療法があります。
ナイアシンは、心身の健康を維持するためには、絶対必要な栄養素です。
特に、統合失調症の患者さんにとって、ナイアシン療法はとても効果のあるものだと言われています。
そして、このナイアシンが不足すると、精神状態にも様々な支障を来します。
何故なら、自律神経のコントロールにも大きく関わっている栄養素だからです。
まだ、日本では余り知られていないかも知れませんが、アメリカではとてもポピュラーな施術なんですよ。
でも、実際にナイアシン療法でうつ病や統合失調症を改善させたという人は少なくありません。

ナイアシンの存在そのものがまだまだマイナーな日本では、このナイアシン療法を取り入れている心療内科は限られているようですね。
日本でも、統合失調症という病気そのものは江戸時代からあったと言われていますよね。
つまり、ナイアシンは、少なすぎても多すぎても問題ありきの物質なんです。
ナイアシンと呼ばれるニコチンは、私たちの体には必要不可欠な栄養素で、糖質や脂質を燃焼させてエネルギーに変える代謝の元となっています。
そこで、ナイアシンを中心とした栄養補給療法が活躍するという訳なんですね。
実際問題、統合失調症は、一度発症すると、うつ病のように完治が難しく、高血圧などと同様、一生つきあわなければならない事が多いと言われています。
アメリカではもう50年位前から、このナイアシン療法は当たり前のように活用されています。
ナイアシンというのは、ニコチン酸とニコチンアミドの総称ですが、タバコに含まれているニコチンとは全く異なる物質です。

ナイアシンはビタミンですから、特別怖い物質ではありませんが、ナイアシンの過剰摂取は、様々な副作用を招くと言われています。
また、日本人の食習慣を考えると、通常はそれほど不足する事も過剰気味になる事もないと言われています。
ただ、食生活が欧米化してきた昨今、やはりナイアシンのバランス調整も欧米並に難しくなって来ているのかも知れませんね。
だから、欧米と同様の医学療法も必要とされて来ているのでしょう。
ニコチン酸とはビタミンB3の事で、ニコチンアミドとはビタミンB4の事です。
心も体も疲労が嵩む現代社会、我々は、いつ、うつ病や統合失調症に見舞われてもおかしくはない現状に立たされています。
皆さんも一度、暇な時にでも、健康関連のブログやサイトで、ナイアシンについて学習されてみてはいかがでしょうか
スポンサーサイト
【2010/01/30 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ナイアシンのアルコール吸収力

ナイアシンが不足するとナイアシン欠乏症になっちゃうから気を付けないといけないのよね。
他にも、様々な成人病や精神疾患、肌荒れなどの予防にも繋がるといいますから、知っておいて損はない栄養素でしょう。
懐かしい仲間10人ほどで行ったカラオケハウスで、やたらめったらナイアシンという言葉を叫んでいた友達がいました。
これは、先週末開かれた高校時代の同窓会の後の二次会での出来事。
ナイアシンという言葉を連発しながら、飲んでるかピーナッツを食べてるかで、結局1曲も歌わなかったのは、もとクラス委員の超優等生。
今は、IT関連の企業で、女性システムエンジニアとして働いています。
はっきり言って、何故そんなにナイアシンなる物に拘るのか、私たちにはよく解りませんでした。
とは言っても、普段は毎日の食生活でそこそこ最低限必要な量は賄えるので、それほど気にする必要はないみたいですけどね。
でも、それ以来、何となく気になってはいたんですよね、ナイアシンとピーナッツとの関係。
その時誰かが言った一言ですが、実は私も同じ、ナイアシンという言葉は、その夜初めて聞きました。
ビタミンなら、当然不足するといろいろと問題になるし、気を付けないといけないのは納得かも・・・。
特に、このナイアシンという栄養素は、糖分や脂質を燃焼させてエネルギーに変える、所謂代謝の際に必要となる物質なんですね。
そして、やたらめったら水割りを飲みながらピーナッツばかり食べ続けていました。
でもって、普段は体内で合成しては作っているらしんだけど、貯蓄出来ない物なんだって。
ただ、アルコールを分解させるのには、このナイアシンが相当要るみたいなんですよ。

ナイアシンが豊富にあれば、そのナイアシンが頑張ってアルコール分を吸収し、分解してくれるので、早くお酒が抜け、悪酔いや二日酔いを防げる可能性が高いんです。
ただ、ビタミンBにはいくつかの種類があって、そのうちのビタミンB3とビタミンB4をナイアシンと呼ぶのだそうです、皆さんはご存じでしたか。
でもね、このナイアシン、他のビタミンB群と一緒に摂取すると、更に吸収力が増すみたいですよ。
だから、お酒を飲む前に、総合的なビタミン剤やサプリメントを飲んでおくといいかも知れません。
ナイアシンの補充は大事、大事・・・、そう言って、ピーナッツばかり食べていた友達がいました。
ナイアシンの吸収と働きについては、健康関連のブログで沢山紹介されているので、簡単に知識を得る事が出来ます。
これはちょっといい情報を入手したかも・・・、と思っています。
私も、そんなブログやサイトを読んで、もう少しナイアシンについて勉強したいと思っています
【2010/01/27 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ナイアシンの過剰摂取の恐怖

ナイアシンはビタミンB群に属するビタミンB3とビタミンB4の総称です。

糖尿病を防ぐためにも十分に摂取したいナイアシンの長所と、糖尿病を発症させてしまうかも知れないナイアシンの過剰摂取による短所との関係、気になりますよね。
ナイアシンは不足する確率よりも、過剰摂取してしまう可能性の方がはるかに高いのではないでしょうか。
普通ビタミンは、足りないよりも多く取る方がいいと思うんだけど、その辺り、どうなんでしょうね。
実は私も、一応美容と健康のために、ビタミン剤を毎日飲んでいるんだけど、そこにはかなりの量のナイアシンが含まれているようです。
でも、その一方で、ナイアシンは血管を拡張したり、悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変えたりする栄養素だとも言われています。
これは大変、もしかしたら、私も知らず知らずのうちに過剰摂取しているかも・・・。

ナイアシンの過剰摂取によって齎されるナイアシンの副作用にはどういうものがあるのでしょうか。
私も一人でビクビクしている位なら、勇気を出してチェックしてみようと思って、さっき照合しました。
インスリンと言えば、確か血糖値を下げる働きをするとても大切なホルモンで、ほら、よく糖尿病の患者さんが注射していますよね。
という事は、ナイアシンを取りすぎると、糖尿病になるかも知れないっていう事・・・。
ただ、ナイアシンの性質をしっかり理解して、正しく摂取するためには、健康関連のブログやサイトで学習する事は、必要不可欠なんでしょうね。
でも、本音を言うと、もし本当に過剰摂取していたらどうしよう。
また、皮膚や粘膜の免疫力を高める作用もあって、肌荒れや口内炎なども防いでくれるんですよね。
そして、言うまでもなく、上限量というのは、健康に支障を来さないであろうと考えられる最も多い量で、今回私が問題視している数値ですね。
ナイアシンには、推定平均必要量と、推奨量、そして一日の上限量というのが国の公的機関によって定められています。
他にもいくつかの副作用が判明しているそうですが、やはり、このインスリンへの作用が、ナイアシンを過剰摂取した際に最も重要視される部分みたいです。
正義の味方なのか、それとも悪の使者なのか、ナイアシンの実態はいかに・・・っと言ったところでしょうか。
ナイアシンは普通の食生活をしていれば、殆ど不足する事はない代わりに、取りすぎる事もないと言われています。
そのため、その効能の援助を必要とする疾患を持っている場合は、薬やサプリメントなどを利用して、多めに取るのは決して悪い事ではないようです。
もしこれが事実なら、何気なくビタミン剤やサプリメントを飲むのはもってのほかという事になります。
そしたら、今飲んでいるビタミン剤によるナイアシンの過剰摂取は楽々クリアしているみたいで、ほっと一安心です
【2010/01/26 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ナイアシン配合のサプリメント

ナイアシンと言えば、必要不可欠なビタミンの一種、さすがにナイアシン配合のサプリメントは実に沢山市販されていますね。
はっきり言って、殆どのビタミン補給サプリにはナイアシンが含まれています。
それと後、どうせなら、少し位効果でも、単なるサプリメントより、医薬品扱いのビタミン剤を服用した方がいいのかなぁ。
後、ビタミン剤的な医薬品でも勿論OKなんだけど、金額や種類の幅を考えると、やはりサプリメントの方が手は出しやすそうでした。
すると、流石に通販、サンプルサプリメントがあちこちに出ていました。
最近、少し情緒不安定な時もあるし、成人病も気になる年代になって来たから、ナイアシンをちょっと多めに取ってみようかと思ってね。
だから、ビタミンB3やビタミンB4配合のサプリメントは、ナイアシン配合のサプリメントだと思っていいようですよ。
皆さんは、どう思われますか、昨今噂のナイアシンの摂取量について。

ナイアシンは昔はビタミンB3とビタミンB4という個々の栄養素で表示する事が多かったそうですが、近頃は、両方まとめてナイアシンと表記するようですね。
この間、昼休みに会社の近所のドラッグストアーに相談しに行って来ました。

ナイアシン=ビタミンB群と考えれば、ナイアシン配合のサプリメントが沢山市販されているのも納得。
私的には、ナイアシンはビタミンなんだから、足りないよりは多い方がいいと思うんだけど・・・。
でね、改めて、ネット通販のサイトでナイアシン配合のサプリメントを探してみたんです。
フリーのものもあれば、超格安の物もあるし、お買い得のナイアシン配合サプリメントも満載、まさによりどりみどりと行った感じでしたね。
なので、どうせナイアシン配合のサプリメントを買うのであれば、総合ビタミン補充的なサプリメントがいいでしょうね。
でも、本当に自分に合ったナイアシン配合のサプリメントを見つけ出すのは、至難の業のようです。
やっぱ、健康関連や美容関連のブログやサイトを読んで決めるしかないのかなぁ。
あっ、そうか、それこそサプリメントの専門サイトやブログにも載っているかも知れませんね。
取り敢えず、ナイアシンというキーワードで、いくつか適当なブログやサイトを見つけ出し、基礎知識を得るところからはいらないといけないみたい。
ただ、朝までパソコンとにらめっこして栄養失調にでもなったら、それこそ大変、マジでナイアシン欠乏症になっちゃうから、十分気をつけないといけませんね
【2010/01/25 11:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ナイアシンを含む医薬品

まあこれは、ナイアシンが含まれていても含まれていなくても関係ない、最低限弁えておかなければならない医薬品服用のルールと言えるでしょう。
ナイアシンというのは、ビタミンB3とビタミンB4の総称です。
でもって、最低限摂取しなければならない量は13~14mgNE位位で、これは食事だけで十分補える数値だと言われています。
女性にとってビタミン不足は絶対禁物、なるべくサプリメントなども利用してふんだんに摂取したいと思いますよね。

ナイアシンがどうのこうのと言う前に、薬は正しく服用する事が大事な訳で、摂取方法さえ誤らなければ、そう安易にナイアシンの過剰摂取に繋がる事はないようです。
ならば、ナイアシンの摂取量を減らしたいと思えば、そうしたサプリメントを控えればいいだけ、簡単な事だと思うでしょう。
でもね、その辺がビタミンB群なんですね、サプリメントだけでなく、結構いろいろな医薬品にも含まれているんです。
だから、知らず知らずの間にナイアシンを過剰摂取している事も少なくないんだそうですね。
私も全然知らなくて、昨日のラジオで聞いてビックリしちゃいましたよ。
因みに、名前を出しちゃってもいいのかどうかよく分かんないけど、ナイアシンが豊富に含まれている代表的な製品は、チョコラBBやハイシーBメイトなんか。
これらは、サプリメントじゃなく、医薬品待遇のビタミン剤なので、比較的みんな安心して飲んでますよね。
実は、私も飲んでて、このナイアシンの話を聞いた時は、マジ、冷や汗ものでした。
ただ、よくよく聞いてみると、ナイアシンは他のビタミン類と一緒に摂取する事によって、非常に効果的に体内に吸収され、作用するそうですね。
なので、こうしたナイアシン配合のビタミン剤を服用するのは、決して悪い事でもなさそうなんです。

ナイアシンを一杯取りたいと思えば、ナイアシン配合のサプリメントを飲むのが最も手っ取り早い方法です。
それに、成人女性の場合、一日に取り入れていいナイアシンの上限は30mgNE位。
つまり、しっかり食事をとって、医薬品の服用量もちゃんと守っていれば、ナイアシンの摂取量自体はそれほど気にする必要はないみたいなんですよね。
でも、気になる方は、今服用中の医薬品やサプリメントの成分表を一度チェックしてみられるといいかも知れませんね。
なので、ナイアシンは沢山取れば取るほどいいような気がするでしょう。
ナイアシンに関する詳しい情報は、健康関連のブログやサイトに沢山掲載されているという事だったので、私も近いうちに、ちょっと調べてみようかなぁっと思いました
【2010/01/24 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。