スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

学習療法を行う老人保健施設

学習療法は様々な場で行われていて、成果を発揮していますが、特に認知症などの問題やリスクを抱えている方が多く入居している老人保健施設でも盛んです。
最初は学習療法を嫌がってしまう老人保健施設の入居者も多いそうなのですが、次第にゲーム感覚になっていくと楽しみになっていくようです。
確かに学習療法には効果があるのですが、受ける側が拒否反応を示している場合では効果が上がらないそうですから、老人保健施設では工夫を重ねているそうです。
そこで学習療法の内容自体も老人保健施設に入居している方が親しみやすいものを選んで行うという具合になっているのだそうです。
学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、学習療法がどのように老人保健施設で行われているのかも調べてみましょう。
学習療法を続けていったのであるならば、かなり自分の頭もまだまだ大丈夫だと自信を持たせることも認知症を防ぐ方法になっているのかもしれません。

学習療法を老人保健施設の中でリハビリやレクリエーション的に取り入れていくようになってからはかなり認知症の進行が遅くなるのだそうです。
特に物忘れがひどくなって自信を失いがちな高齢者が学習療法で自信を取り戻していくことも多く、老人保健施設では注目されています。
しかし食べ物も調理方法自体で好きな食べ物に変わるように、行い方や内容で興味を持たせ効果を老人保健施設でもあげているのが学習療法です。
そこでリハビリとレクリエーション的な雰囲気で職員が老人保健施設の入居者に学習療法を行うのが望ましいのだそうです。
そこで学習療法が面白いものであるという印象を老人保健施設の職員たちはなんとか工夫して行っていることが少なくはありません。
どのような年齢になっても興味を持ったのであれば熱心に行うようになっていき、若々しい気持ちも取り戻すようになりますが、そのサポートが学習療法なのでしょう。

学習療法を実際に行っている老人保健施設では、今までほとんど口もきかなかった入居者が少しずつ自分から行動するようになったのだそうです。
老人保健施設では「老い」を自覚しきってしまい、弱くなってしまう方も多いといいますが、そこで「自分」を取り戻すことにもなっているのが学習療法なのです。
ですから老人保健施設で行われている学習療法は単に認知症の進行をストップさせることだけが目的だとは言い切れないかもしれません
スポンサーサイト
【2009/11/30 11:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。