スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

大腸癌

そして大腸癌は初期の段階だと自覚症状というものが無い場合が多いのだとか。
私は以前大腸癌になったという方々を取り上げたテレビ番組を見たことがありますが、その方々が言うには、痛みといった自覚症状が無かったという方がほとんどでした。
そして大腸癌になったという方々は、ちょっと肛門から出血したり、便が細くなったり、また、オナラが異常に臭かったようです。
ただ、この症状は過敏性腸症候群でも見られる症状ですから、大腸癌とは見分けがつきにくいように思います。
大腸癌が進行してしまうと大変なことになってしまいますから、自己判断せずに、気になることがあったら早めに検査をしたほうが良いでしょう。
また、大腸癌では内視鏡検査を用いることもあるのだとか。

大腸癌の検査では、肛門からバリウムを注入して大腸をレントゲン撮影するということが行われるようです。
そして、大腸癌の検査には腹部エコーも使われることがあるようです。
腹部エコー検査は腹部に特殊なクリームを塗り、そこへエコーを充ててお腹内部を映像にして映し出して見るというものですから、痛みなどは全くありませんでした。お笑いタレントを見る限りだと、大腸癌の内視鏡検査は一旦肛門部分をカメラが通過してしまえば、それほど苦痛を伴うものでもなさそうです。
細い管の先につけられた小さいカメラを肛門部分から挿入して大腸癌を見つけるという検査になり、お笑いタレントが検査しているところを、私はテレビで見たことがあります。
大腸癌ではありませんが、私は妊娠しているときに、お腹の中にいる赤ちゃんを見るために腹部エコーをしてもらったことがあります。

大腸癌に関する情報が、インターネット上にはたくさん寄せられています。
ですから大腸癌の腹部エコーも同じように痛みなどは無いと思います。
大腸癌だけでなく癌は早期発見すれば治る病気とされていますから、定期的に検査を受けると良いと思います
スポンサーサイト
【2009/08/11 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大腸癌の化学療法 | ホーム | エキナセアのスプレー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/118-33150427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。