スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

大腸癌の早期発見

便に血が付いていたり、便が細くなっても、痔などでも同じ症状が見られるようですから、早期の大腸癌というのは見逃されがちのようです。
大腸癌の早期症状には、自覚が無いことが多いようです。

大腸癌を早期で見つけるための検査ですが、腹部エコーや内視鏡検査、便の検査などがあるようです。
痛みなどがないために、大腸癌が早期の状態で病院へ行くという患者は大変少ないのだとか。大腸癌は早期に発見することができれば治る病気のようです。
ですから定期的に検診を受けることは大変重要で、大腸癌を早期で見つけることができれば、自分の肛門を残しての手術もできると思います。
ですから定期的に検診を受けて、早期に大腸癌を見つけることが重要だと思います。
大腸癌の早期発見検査の腹部エコーは、産婦人科でお腹の赤ちゃんを見るために使われるエコーと同様のもののようです。
管の先に小さいカメラが付いていて、その管を肛門から挿入して大腸癌の検査は行われます。
管を肛門から挿入するので大腸癌を早期発見するための内視鏡検査は、検査の前から食事制限をしなければならないようです。
検査はカメラを肛門から入れるときは大変苦痛を伴うようですが、一旦入ってしまえば大腸癌の内視鏡検査はそれほど大変ではないと思います。
私もお腹に赤ちゃんがいるときに腹部エコーを受けたことがありますが、お腹に透明のジェルを塗り、その上からエコーを充てて滑らす感じでお腹の内部を見たように覚えています。
そして大腸癌を早期発見するための検査には、便に血液が混ざっているかどうかを見るものもあります。
そして、ネットを使うと自宅で大腸癌を早期発見するための検査キットを購入することができるようです。
忙しくてなかなか病院へ行けないという方は、ネットを活用して大腸癌の早期発見検査キットを手に入れてみてはいかがでしょうか
スポンサーサイト
【2009/08/16 11:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大腸癌の抗がん剤治療 | ホーム | 大腸癌の検診>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/123-e8241673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。