スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

グルコサミンの犬の効用

グルコサミンは骨と骨をつないでいる関節のクッションになっている軟骨を強化してくれる働きがあるのですが、最近、犬用のサプリメントにも配合されています。
やはり年を取ったとしても愛犬が元気であってくれることは飼い主の願いですから、グルコサミンの働きで老化を遅らせることもおすすめなのです。
人間と同じように犬も関節の間にある軟骨が運動によって削れていっていますから、グルコサミンで修復してあげるべきなのです。
そこでペット産業でも考えて、犬が摂取しやすいようにドッグフードにグルコサミンを配合したというわけです。
実際に犬に与えてあげると、足腰が弱ってくることが少なくなってくるというデータもありますから、愛犬とともに摂取したいのがグルコサミンです。
健やかな姿で長生きしてほしいと愛犬に対して思うのは、どこの飼い主も同じですから、グルコサミン配合のドッグフードが売れているのも不思議ではありません。
そこで大型犬ほど運動量が激しいものですし、体重も重いので、グルコサミンを与えてあげる必要は出てくるようなのです。
人間用のグルコサミンのサプリメントを犬に与えても効果はあるようなのですが、嫌がる犬のほうが多いそうなのです。

グルコサミンを与え続けていた犬は、与えなかった犬に比べて老化が遅いそうなのですが、これは皮膚を修復する働きもあるからかもしれません。
やはり犬も老齢化すると関節が弱り、はては寝たきりになってしまう場合も少なくありませんから、それを防ぐためにグルコサミンを与えているようです。
すでに犬はただの「飼っている動物」ではなく「家族の一員」という時代ですから、グルコサミンを与えてでも長生きを願うのが普通になっているのです。
空前のペットブームが日本で起こり、愛犬が老齢化し、弱ってきたところで、グルコサミン配合のドッグフードを与えている方が増えているのです。
そこで大型犬を飼っている方であれば、やはり体のことを考えて、グルコサミン配合のドッグフードに切り替えていることもあるそうなのです。
つまりアンチエイジングのためだけではなく、飼い主と愛犬の健康をしっかりと保ち、楽しい毎日を過ごすために効果的なのがグルコサミンです。
いわば飼い主も体の老化を感じて摂取を始め、自分の愛犬にも同じようにグルコサミンを与えているということも珍しくないのかもしれません
スポンサーサイト
【2009/09/06 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<グルコサミンとコラーゲン | ホーム | グルコサミンの副作用>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/142-62a6d19d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。