スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

グルコサミンの糖尿病への影響

そこでやはり素人判断でグルコサミンを摂取するのではなく、何か持病のある方は医師に相談してからのほうがいいかもしれません。
このようなデータもあるわけですから、自分の健康に自信がある方以外は、糖尿病患者の方と同じように医師に相談してから摂取したいのがグルコサミンです。グルコサミンが骨と骨をつないでいる関節の軟骨に働きかけて、関節のトラブルを緩和してくれるという働きは有名ですよね。
ですから実際のところではグルコサミンが糖尿病の方にとって危険だとは言い切れないので、それほど問題ではないようです。

グルコサミンを控えなければならない方は重度の糖尿病の方だけではなく、子供、高齢者、妊娠中の女性も挙げられます。
こうした方々は血糖値が不安定である場合が多く、グルコサミンの副作用が出やすくなったりしがちだからなのだそうです。
特に重度の糖尿病患者の方の場合、わずかな血糖値の変化で体調に異変が起こりますから、グルコサミンも危険な成分になりかねません。
確かにグルコサミンは関節のトラブルにとても効果的ではあるのですが、それは健康状態が安定している方になってくるようです。
実はグルコサミンはインスリンが有効に働かなくさせてしまうという効果があるそうなので、そう言われているのかもしれません。
特にデリケートな体になっている糖尿病患者の方の場合、自分はグルコサミンを摂取しても安全なのかを確認しておきたいですよね。
グルコサミンについてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、糖尿病患者とグルコサミンの関係についても詳しく調べてみましょう。
いわば「アミノ酸で作られている糖」であるという事実を踏まえているのであれば、やはり糖尿病の方は注意が必要なのがグルコサミンです。
それでもやはり糖尿病の方は不安になってくることでしょうから、医師にグルコサミンの摂取について相談することも大事なのです。
グルコサミン自体が「アミノ酸で作られている糖」ともいう呼び名があるくらいですから、やはり糖尿病の方は慎重になったほうがいいでしょう。
また糖尿病の方の不安定なインスリンをグルコサミンがさらに働きにくい状態にしてしまうようにもしますから、糖尿病の方は気をつけなければなりません。
スポンサーサイト
【2009/09/09 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<塗るグルコサミン | ホーム | グルコサミンとコンドロイチン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/145-1b2ccd48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。