スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

塗るグルコサミン

グルコサミンは今やサプリメントや健康食品で摂取するのではなく、直接、患部に塗るという時代になってきています。
確かにサプリメントや健康食品でグルコサミンを摂取しても、なかなか本当に届いてほしい軟骨や関節に届かないという研究者もいるようなのです。
サプリメントや健康食品で摂取しても、あまり効果を感じなかった方も、塗るグルコサミンで効果を実感しているということです。
つまり皮膚からグルコサミンが軟骨にまで直接届き、すり減り始めている軟骨をサポートし、トラブルを緩和させるようなのです。
実はグルコサミンは皮膚からも体内に吸収されるという成分だそうで、今は痛みを感じたら、その部分に塗っている方が増えているそうです。
また中にはグルコサミンのサプリメントや健康食品を飲んだり食べたりすると、胃などの消化器にダメージが出てしまう方もいますよね。
このようなグルコサミンをうまく消化できない方には、塗るタイプは非常にありがたいのかもしれませんね。
塗るタイプのグルコサミンでしたら、皮膚から直接、吸収させて、働きかけますから、胃などの消化器に負担をかけません。
グルコサミンについてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていって、塗るグルコサミンにはどのような製品があるのかを調べてみましょう。
胃などの消化器に負担がかからず、しかも直接、痛む患部に塗れば、効果があるというのですから、試してみたくなるグルコサミンですよね。

グルコサミンが皮膚からも吸収できるようにしたのは、イギリスが最初だそうで、実際に発売された瞬間からイギリスでも大人気になったそうです。
そこで日本にも「塗るだけで効果がある」グルコサミンが上陸してきて、今、静かに話題になっているのだそうです。
これは関節の痛む部分に直接グルコサミンを塗ると、すぐに関節のクッションである軟骨に働きかけてくれるからなのだそうです。
ですから胃などの消化器に負担が化ならない、しかし関節のトラブルに悩まされているなら、グルコサミンを飲んで、塗ってというのがおすすめだそうです。
しかし飲んで効果があるというのはなんだか納得できるのですが、塗っても効果があるということに驚かされるのがグルコサミンです
スポンサーサイト
【2009/09/10 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<膝痛とは | ホーム | グルコサミンの糖尿病への影響>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/146-120e61ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。