スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

膝痛の原因

膝痛苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。
膝が軋む様に痛くなり、歩いたり座ったりする事が苦痛になってしまう膝痛。
またO脚の人に多いとされ、もともとO脚だった人が膝痛により「変形性膝関節症」と診断されてしまうと、ますますO脚が酷くなると言われています。
ここでは、そんな「膝痛の原因」についてお話をしていきたいと思います。
一般的には「膝痛」と呼ばれている膝の痛みですが、これは「変形性膝関節症」から来るものである事がほとんどです。
膝痛の原因となる「変形性膝関節症」は、骨が弱ってしまうことで起きるものです。
体重が重くなりすぎると、膝の骨が体重を支える事ができなくなり、膝に負担をかけてしまうことから「膝痛」になるのです。

膝痛の原因である「変形性膝関節症」は、症状が進むと「関節が変形してしまう」事もあります。
しかし、原因についてはあまり知られていないのが現状です。
治療によって、膝痛は軽減することができるからです。
加齢や骨が受けたダメージによって骨の組織が破壊されてしまったり、軟骨が磨り減ったりしてしまう事が「変形性膝関節症=膝痛」に繋がってしまうのです。
場合によっては膝に水が溜まったりする事もある怖い病気ですので、膝痛があったら「甘く見ずに専門医の治療を受ける」事が大切です。
その為にO脚が酷くなる、つまり変形性膝関節症の問題は「膝痛」の問題に限らないのです。

膝痛がそれほど酷くなくても、変形性膝関節症かどうかを診断する方法があります。
「膝を伸ばすことができない」「きちんと立っているつもりでも、膝と膝の間が離れてしまう(基準は握りこぶしくらい)」などの症状がある人は、膝痛が酷くなくても医師の診察を仰いだ方が賢明です。
変形性膝関節症は症状が悪化するとスムーズに生活ができないほどの膝痛を伴う事があります。
膝痛が酷くなればなっただけ治療が大変になりますので、酷くならないうちに治療をしておくことを心がけましょう。
膝痛は初期から対応すれば、酷くなるのを防ぐ事ができます
スポンサーサイト
【2009/09/12 12:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<膝痛と腰痛 | ホーム | 膝痛とは>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/148-11c0af91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。