スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

膝痛とスポーツの関係

一度膝痛になってしまうと、治療が完了するまで長くスポーツを休まなければなりませんし、治療しても完全には治らない事もあります。膝痛といえば、スポーツは切っても切り離す事ができないものです。
これらの情報を調べてみると、運動というものがいかに膝に負担をかけやすく、膝痛に繋がりやすいのかが解ります。
サッカーや長距離走に関しては、プロの選手が故障してしまう姿が良く映像で配信されていますので、知っている方も多いのではないでしょうか。
膝痛を防ぐには、まず練習のメニューや環境を整備することを考えましょう。
ここでは、そんなスポーツと膝痛の関係についてお話したいと思います。

膝痛が起こりやすいスポーツと聞いて、真っ先に思い出すのは「マラソン」ではないでしょうか。
マラソンは長距離を走る事になりますので、膝への負担がかかりやすく膝痛に繋がりやすいといわれています。
マラソンによる膝痛の原因としては、膝にある皿が傷む「ジャンパー膝」などが挙げられます。
マラソンによる膝痛は、運動前にしっかりとしたストレッチ運動を行うこと、クッション性の高いシューズを選ぶ事である程度防ぐ事が可能です。
膝痛の原因となる故障は本当に多いのです。

膝痛が酷くなる原因としては、「故障しているにも関わらず無理をして練習を続ける」などの事も考えられます。
また、栄養の偏りや同じ内容の運動を続けてしまうことも膝痛に繋がりますので、日ごろから膝に優しい対応を考えていく必要があります。
また、グラウンドなどがきちんと整備されている事も、膝痛を防ぐ事ができる要因の一つになります。
そんなスポーツ選手に多い膝痛ですが、やっているスポーツによって膝痛の原因は様々です。
一度膝痛に悩まされてしまうと、その後ずっと膝の痛みや不調に悩まされる選手も少なくありません。
膝痛になってしまう前に、予防を考えておいた方が良いでしょう
スポンサーサイト
【2009/09/17 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<膝痛改善サポーター | ホーム | 膝痛を治す運動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/152-a4ed348f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。