スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

子どもの睡眠不足の影響

そうすると、睡眠不足になるケースがあるようです。
ただ、子どもが自主的に睡眠不足を解消しようとは考えない場合が多いと思いますから、保護者が注意する必要があるでしょう。
子どもの生活習慣の様子を見るために、日々のスケジュールを一週間程度書かせるということを行っている学校もあります。
我が家の子どもが通っている学校は、毎年4月になるとお手紙を配布し、睡眠不足や食事について、日々の過ごし方を一週間程度記録するように保護者に通達しています。
しかも高学年の子どもほど、親の目を盗んで何かをするというのが上手になりますから、睡眠不足を解消するために、親は知恵を搾り出す必要があると思います。
だから、当然、勉強がおろそかになってしまいます。
また、睡眠不足に子どもがなってしまうと、身体を活発に動かさなくなるので、肥満児になる原因にもなるようです。
朝食はきちんと摂っているか、睡眠不足になっていないかなどを学校側は把握するようにしているようです。

睡眠不足になる主な原因には、子どもが夢中になれるゲームを買い与えているということを挙げることができると思います。
ですから、子どもに生活指導をするときに、そして睡眠不足を解消して早く寝るように諭すために、ネットを上手に活用してみてください。睡眠不足に子どもが陥ってしまうと、勉強に集中できなかったり、授業中に居眠りをするようになります。
今ではDSといった小さい携帯ゲーム機が登場しているので、どんなに親が早く寝なさいと言っても、子どもが親の目を盗んで夜遅くまで遊びこともあります。
今の子どもが何時に寝て、何時に起きているのかという情報も、ネットを活用すれば簡単に見ることができます。
我が家の子どもは睡眠不足にならないために、夜九時が就寝時間と決められています。しかし、なかなか言うことを聞かないので、親は子どもが睡眠不足になっていないかと心配しています。
ただ、夜寝れば一度たりとも起きず、朝は自然と6時には起床しているので、我が家の子どもは睡眠不足ではないとは思っています
スポンサーサイト
【2009/11/05 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<睡眠不足症候群 | ホーム | 睡眠不足と病気>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/182-195e3156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。