スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

睡眠不足症候群

あくまでも慢性的な寝不足が原因なので、たったの一日、朝まで呑んでいたから充分に眠れなかったという状態は、睡眠不足症候群には当てはまらないと思います。睡眠不足症候群とは慢性的な寝不足のために、集中力が低下したり、やる気が起こらなかったり、昼間に居眠りしてしまったりする睡眠障害のことを指して言うようです。
睡眠不足症候群に陥ってしまうと、大切な会議だと重々分かっていても、居眠りをしてしまったり、欠伸を連発してしまうようです。
また、イライラした精神状態が続くので、睡眠不足症候群になると、その家族もストレスを抱えることになってしまうのだとか。
当てはまる方は、常日頃の睡眠状態を振り返り、睡眠不足症候群を疑ってみると良いかもしれません。

睡眠不足症候群の状態が続くと、仕事でミスを連発するだけでなく、自動車を運転中に眠気が襲い、交通事故を引き起こしてしまうこともあるようです。
それがたったの一日ではなく、長期間続くという状態が、睡眠不足症候群の現れ方だと思います。
睡眠不足症候群を予防するには、普段から充分な睡眠を心がけるということに尽きると思います。
そのような場合は、睡眠時間よりも睡眠の質に重点を置いて眠るようにすると、睡眠不足症候群を予防することができるようです。

睡眠不足症候群に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして、どのようにすれば睡眠不足症候群を予防することができるのかという情報も、ネット上には満載です。
ですから、どうしても昼間眠くなってしまうという状態が続いている方は、ネットを上手に活用して睡眠不足症候群について調べてみてはいかがでしょうか。
睡眠不足症候群になるとイライラして周囲に八つ当たりするようですから、周囲に多大な迷惑をかけてしまいます。
ですから、睡眠不足症候群にならないために、出来る限り充分な睡眠をとることを心がけてください
スポンサーサイト
【2009/11/06 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<睡眠不足の原因 | ホーム | 子どもの睡眠不足の影響>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/183-b0d645d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。