スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

腸内環境のバロメーターは便

しかしながらその肝心な便が出ないことが多いという便秘の方は、かなりの重症になっている可能性もありますから、もっと気をつけたいのが腸内環境です。
もしも頻繁に臭いおならが出ていて、便も非常に嫌なにおいをさせているようでしたら、腸内環境がかなりひどくなっている証拠なのです。腸内環境が健やかであったならば、実はさほど便のにおいは気になるほど、ひどいものにはなりません。
そこであまりしげしげと見たいものではありませんが、便の状態やにおいを毎日チェックすることでもコンディションが把握できるのが腸内環境です。

腸内環境が健やかである場合は消化した食べ物や内臓の垢ともいえる老廃物などをうまく体に必要な栄養素だけ吸収し、便として排泄させます。
この場合、食事の量が極端に少ない方や食物繊維が少なすぎる方の場合、腸内環境が悪化してしまい、うまく働かず、あの臭い便になるのです。
もしも最近、便秘気味であるとか、便が非常に臭いという場合は腸内環境に赤ランプがともっているとお考えになったほうがいいのです。
そのためには食事のメニューだけでなく、食材の見直しや運動量なども考え、どのようにしたら腸内環境が良くなるのかを考えましょう。
どうして腸内環境が悪くなってしまうと便が嫌なにおいを放っていくようになるのかと言いますと、腸の中で腐敗してしまうからです。
腸内環境についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、腸内環境と便の関係をもっと詳しく調べてみましょう。

腸内環境が非常に健やかである場合には、実は便は必要以上に出ませんし、においもそれほど臭くはないのです。
逆に腸内環境は悪化している場合は、便が出にくくなって、お腹がぽっこりと膨れたり、出ても非常に臭かったりするわけなのです。
ですから便の状態は自分の腸内環境の状態を表しているといっても過言ではありませんので、きちんとチェックすべきなのです。
面倒に感じてしまうかもしれませんが、腸内環境のコンディションを把握しておくためには重要な材料になるのが便です。
腸内環境は健やかであれば、スムーズに排泄されていくはずの便なのに、滞って、腐るために嫌なにおいに変わってしまうわけです
スポンサーサイト
【2009/11/17 12:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<腸内環境を支えてくれるビフィズス菌 | ホーム | 腸内環境を整える食事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/194-dad20aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。