スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

学習療法とは

学習療法は、実のところを申し上げますと、確立している治療方法というわけではなく、あくまでも予防のために行うことが進められるものだそうです。
学習療法は別名では「脳トレ」とも呼ばれていることが少なくはありませんし、この別名によって、さらに親しみやすいものになっているかもしれませんね。
また学習療法に夢中になっているのは、いままであまりゲームに関心がなかった中高年が多いそうですから、ゲームのファンを広げたともいえるかもしれませんね。
毎日、少しずつ行っていくということで、なんとなく自分の鈍り始めている脳の働きが活性化するように感じてくるのが学習療法です。
まったくゲームに興味がなかった方であっても「脳トレ」という形のゲームソフトによって学習療法を日課しているという方もいるようです。
毎日、学習療法を繰り返し行っていくことによって、脳の働きが活性化されていくといいますが、本当のところがどうなのでしょう?
しかしながら学習療法に対して、興味を覚えたり、没頭してみることによって、確かに気分は活性化されていることは間違いありません。
「脳トレ」という言葉とゲームソフト名によって浸透していきましたが、ゲーム自体が苦痛である方にも他にやり方があるそうなのが学習療法です。
人間は脳を使わなければ生きていけませんし、また脳の働きが活発になることは喜ばしいことですから、学習療法は無理なく始められていいかもしれません。
そこで興味がわくようにとうまく進めていくことも重要なことになっていて、工夫も必要になってくるのが学習療法です。
ともすれば惰性で生活しがちな現代人を活性化させてくれるものの一つになっているのが、学習療法だともえるのではないでしょうか。

学習療法では基礎的な脳の働きを素早くさせていき、判断力や計算能力が高まっていくとも言われているのだそうです。
しかしながら学習療法の難点は繰り返して行っていく必要がありますから、中には飽きてしまい、嫌になってしまうという方も多くいらっしゃるそうです。
人間はそもそも向上心がある生き物でもありますから、手ごたえを感じることが出来る学習療法はかなりおすすめになるのだそうです。
ところがこのように学習療法を苦痛に感じる方は、やり方があっていないだけであり、やり方を変えていけば夢中になることも多いのです。
ただしこの素晴らしく、脳を活性化させてくれるらしい学習療法も、行う本人に意欲がなければ効果があまりないとも言われているようです
スポンサーサイト
【2009/11/21 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学習療法で認知症予防 | ホーム | 腸内環境と花粉症>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/198-b9d0c0da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。