スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

学習療法で認知症予防

実際に認知症の予防として、筋トレを行うように、脳を働かせていくということは効果的だそうですから、効果があるらしいのが学習療法です。
これは学習療法が使い忘れていた脳の部分を刺激して、働かせるからこそ、認知症になりにくくさせるようなのです。
いうなれば普段使うことを忘れている脳の部分を働かせて、目覚めさせてくれるのが、学習療法かもしれませんね。
やはり学習療法自体が、脳の働きを活性化させていき、うまい具合に働かせて、回転をよくさせるからなのだそうです。

学習療法そのものを認知症の予防のために、と行っていると、あまり効果が上がらないこともある、という事実もあるようです。
学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、認知症予防に効果的な学習療法のやり方も調べてみましょう。
いうなれば脳を働かせなくなってしまうと、筋肉が弱っていくように、脳の働きが鈍くなって、認知症になるとも言われているそうで、学習療法は効果的だそうです。
実際に自分に合っている学習療法である場合は、ストレスにはなりにくく、スムーズに行えるという意見も多いのです。
これはおそらくは学習療法のおこない方が、実践している方の性格などに合っていなくて、ストレスになっていたからではないか、とのことです。
つまりその方に合っているやり方で学習療法を行っていくことが認知症予防にも効果的である、とも言えることになるのではないでしょうか。学習療法自体はその実践する方にとって、やり方や方式があっているのであれば、あの恐ろしい認知症を予防する効果もあるのだそうです。

学習療法を認知症予防のために生活の中に取り入れていこうとお考えであるならば、やはりストレスにならないよう工夫する必要も出てきます。
認知症は怖いけれども、学習療法を行うことは苦痛、というようでは、本当の効果が出てこられないとも言われているようです。
いかにして学習療法を行う方がストレスを感じず、そして興味と意欲を持って行っていけるかが重要なポイントのようです。
そこで認知症という恐ろしい症例が挙げられていますから、この症状をどう回避していけるかということも考えなければならないのが学習療法です
スポンサーサイト
【2009/11/23 12:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学習療法と介護の関係 | ホーム | 学習療法とは>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/199-942b69d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。