スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

学習療法と介護の関係

これは学習療法を行うことによって、かなり介護する側の頃固まりやすい考え方が柔軟になってくるという効果があるそうなのです。
介護は体力と思いやりだといわれていますが、介護する側に柔軟な考え方を身につけさせる学習療法が効果的であるということはあまり指摘されていないようです。
どうしても介護の仕事を行っていると、頭が「世話をする」ということに傾きがちになってきますが、学習療法を行っていると自主性を重んじていくようになるようです。
つまり介護する相手が物を考える力を持っているということを学習療法を行っていると、考えるようになってくるそうなのです。
そこで今では介護の現場であっても、介護される側に強いて行うのではなく、介護する側がまず実践しているのが学習療法です。
意外なくらいに毎日の生活のリズムを正確にしていくこと自体が、介護する側にも、介護される側にも効果的に働いているのが学習療法です。
これも介護される側が苦痛にならない程度に学習療法を介護する側が行っていくわけですから、高度な介護になっているのかもしれません。
ただ体が不自由になっているだけのことも多いのが介護される側ですから、学習療法を無理なく行っていくことは、症状を悪化させない効果もあるようです。
いわば介護する側は介護されている方に対して、きちんとわかりやすく、学習療法を介護の中に無理なく取り入れることが大事なのかもしれません。
すると学習療法の効果によって、介護される側の症状が悪化しないばかりではなく、中には回復して行った方もいるのだそうです。
学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、介護の現場ではどのように学習療法がおこなわれているかも詳しく調べてみましょう。

学習療法を介護の現場で生かしている例としては、介護する側がそれとなく、介護している相手の脳の力を引き出していることが多いのだそうです。

学習療法は介護の現場にも取り入れられていったということは、それだけ興味を持たせたり、意欲を沸かせる努力がなされていたことになるのかもしれませんね。
人間が何かしら考えて生きているものですが、介護される方もやはり同じなので、その能力を引き出すのが学習療法と言うわけです。
このような理由もあるわけですから、介護の現場でも非常に重要なケアの一つになりつつあるともいえるのが学習療法です。
スポンサーサイト
【2009/11/24 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学習療法と高齢者 | ホーム | 学習療法で認知症予防>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/200-11232aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。