スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

学習療法とアクティビティケア

本当の痴呆症は非常に悲惨なものですが、そこでもやはり人間の尊厳があるので、尊厳を保つのが学習療法となります。

学習療法はアクティビティケアを行っている現場では、新たな介護の場面を広げたとも言われているのだそうです。
特別老人養護施設ではこのアクティビティケアが行われているところが増え、そこで学習療法がおこなわれているというわけです。
いわば学習療法をアクティビティケアではかなり重要な介護される方と介護する方をつなぐものになっていることも多いのです。学習療法は一般的には痴呆症の予防に効果的であると考えられていますが、もうすでに痴呆症が進んでいる場合でも症状を遅らせることが可能なのだそうです。
学習療法が最も真剣に取り組まれているのが、アクティビティケアの現場になっているといってもいいかもしれませんね。
アクティビティケアというまさしく「最後の最後になっていく介護」で非常に重要な役割を果たしているのが学習療法です。

学習療法を続けている方の方が、自分に対する不安が少なくなっていき、著しく効果がある場合、かなり回復していくのだそうです。
アクティビティケア自体が非常に深刻なものになりやすい中で、介護される方が苦痛にならないように学習療法を行うことも多いようです。
もう痴呆症に陥ってしまったのであれば回復することは難しく、悪化するしかないといわれた中で光明を見出させたのが学習療法です。
つまり痴呆症が進んでしまっていても、人格崩壊にまで進ませないように、学習療法を行っていることが非常に多いのです。
いうなればただ、現状をキープするためではなく、アクティビティケアでは学習療法を介護する方に行うことで回復も目指すことが多いそうなのです。
そのためにかなり学習療法の行い方についての研究も進められ、よりよいアクティビティケアを目指しているのだそうです。
まだ健康で正常な頭脳をキープしている間は学習療法も脳のアンチエイジングになりますが、痴呆症が進んでいる場合は命綱と言えるかもしれません。
脳は使わなければどんどん劣化していきますし、痴呆症であればなおさらですから、そこから脱出するためにアクティビティケアで行われているのが学習療法です
スポンサーサイト
【2009/11/27 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学習療法と川島隆太 | ホーム | 学習療法と高齢者>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/202-908676ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。