スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

学習療法と川島隆太

学習療法が爆発的にヒットしたのは、脳の機能回復についての研究を重ね、その具体的な方法を開発した川島隆太教授を忘れることはできません。
この学習療法をもっと一般的にしていき、ゲームソフトとなってからはまさしくヒット商品となっていき、浸透していったのです。
あくまでもヒット商品にすぎなかったものではあったのですが、この効果の高さを実感していくうちに、介護の現場でも取り入れられてきたのが学習療法です。
そこで現在では、もっとわかりやすい形に変えて、老人保健施設などでも学習療法は行われるようになっていきました。

学習療法は即効性があるのだとすれば、行ってみると、自分の脳の働きが鈍っていることを実感させることになるかもしれません。
痴呆症に陥ってしまった方であっても、学習療法を行うことによって、それ以上、症状が進まない場合もあるようです。
このような事例から、老人保健施設のような痴呆症に陥っている方、痴呆症におびえている方に学習療法を行っているのだそうです。
川島隆太教授自身、こうしたことに学習療法が取り入れられていくことを望んでいたわけですから、今は非常に安心しているかもしれません。
なおこの学習療法を発案した川島隆太教授はかなりの印税が入ったそうですが、さらなる研究にその印税は使われているとのことです。
学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、川島隆太教授がどのような意図で学習療法を発案したかも調べてみましょう。

学習療法に対して批判的な説や意見がないわけでもありませんが、現実に効果があがっているわけですから、見逃すわけにはいきません。
いわば「脳を鍛える」という学習療法につけられているキャッチフレーズは、納得できるものになっているのです。
脳の血流がアップして脳の働きがよくなるというよりも、学習療法は脳を積極的に使うことで、アンチエイジングを考えているのではないでしょうか。
筋肉を適度に鍛えて機能性の高い体を作るように、脳を鍛えて反応のいい状態を作るのが学習療法かもしれません。
当初では「脳を鍛える大人のDSトレーニング」として世間に広まっていき、今では野うyのアンチエイジングケアとして一般的になったのが学習療法です
スポンサーサイト
【2009/11/28 11:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学習療法の体験談 | ホーム | 学習療法とアクティビティケア>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/203-784801b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。