スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

運動不足グラフの作成

運動不足をグラフで管理している方もいるようです。
運動した時間や体重の変化をグラフにつけて、運動不足解消に役立てているのだとか。
毎日、運動した時間をグラフにすれば、運動不足解消に大変便利だと思います。

運動不足解消の目安として、以前、厚生労働省では「エクササイズガイド2006」を発表したようです。
これに基づいてグラフを自分なりに作成し、運動不足解消に役立てるのも良いでしょう。
ですから、スピードが速めのウォーキングをしている方は、一週間で345分ウォーキングをすることが運動不足解消の目安となるでしょう。
そして、このエクササイズを一週間で23エクササイズを目安に運動すると運動不足解消に良いのだとか。
この「エクササイズガイド2006」では、ゴルフ13分、自転車に乗る15分、やや速歩15分、水泳10分、階段を上る8分を、1エクササイズと数えます。
運動不足を解消するために、どのようにグラフを付ければ良いのか大変参考になると思います。
一週間で345分を目安にグラフを付ければ、効率よく運動不足を解消することができると思います。
なかなか運動不足を解消するために時間を避けないという方は、一週間に階段を184分使うようにすると良いのではないでしょうか。
階段8分が1エクササイズなので、一週間に184分階段使えば、運動不足解消になると思います。
ですから、運動不足解消にグラフを役立ててみてください。
そして、このような目安があるのであれば、グラフにすることもできるのではないでしょうか。
そして、体重の変化を折れ線グラフにして管理すると、運動不足解消の励みになると思います。
そして、運動不足を解消するために、グラフを活用しているという方のブログもネット上には満載です。
エレベーターを使わずに階段を使うようにすれば、それだけで運動不足解消になる方もいると思います。
スポンサーサイト
【2009/12/06 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<子供の運動不足 | ホーム | 運動不足解消法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/211-09401275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。