スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

メシマコブとは

今からそのサプリメントを常用しておけば、将来ガンに脅かされる事はないかも・・・。
メシマコブは山の生物、それも川に生育している藻ではなく、木に生育しているキノコの一種です。
でもホント、キノコらしからぬ名前って言うか、マジ、昆布と勘違いしちゃいそうでしょう。
少なくとも、私はそうでしたね、無知と言われれば仕方ないけど・・・。
でね、実はこのメシマコブというのが、ガンの予防や治療に効果を発揮するという事で、今、すごく注目されているんです。
ただし、どこの桑の木にでも生育するというものではなく、日本では、長崎県の五島列島の一角にある女島という島の野生の桑の木にしか生育しないらしいのです。
女島の桑の木にコブ状に生育するキノコ、だからメシマコブ、言われてみれば実に単純明快な名前ですね。

メシマコブが海草類ではなく、メシマコブがキノコ類だとしたら、抗癌作用が高いにも納得出来るというものです。
何しろ、もともとキノコはガンの予防にいいと言われる食べ物、きっとメシマコブもそのパワーは十分に持っている事でしょう。メシマコブと聞くと、なんだか海草類のような気がしますが、メシマコブは海の生物ではありません。
なんて思ってね、少しメシマコブなる物に興味と関心を持ってみる事にしました。
で、調べたところ、もう何十年も前から日本ではその健康効果が認められていたそうですね。
メシマコブのエキスを配合した漢方薬も結構あって、東洋医学の世界では、かなり重宝されていたようです。
ただ、西洋医学の面で活用されるようになったのは、ここ10年ほどの事みたい。
確かに、薬にして多くの人の命を守ろうと思うと、当然沢山の材料が必要な訳で、自然に生育している分だけでは、とてもじゃないけど賄えないですもんね。
そんなメシマコブの人工栽培に成功し、医薬品を正式に造り出したのは韓国の博士たちだと言うのを聞いて、ちょっとビックリしました。
このメシマコブの研究をした韓国の博士は、現地のとても立派な化学賞を受賞したそうです。
ただね、韓国で本格的な研究が行われるようになったのは、ある日本人が書いた論文があったからこその事なのだそうですよ。
今、事業仕分けでいろいろ言われてるけど、やっぱ日本の科学や医学は本当にすごいんですよね。
その学名をフェリナス・リンテウスというメシマコブ、これから益々注目される事でしょう。
私も、もっともっといろいろ勉強したいなぁっと思って、健康関連のブログやサイトを暇を見つけては読んでいます。
スポンサーサイト
【2009/12/11 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メシマコブの効能 | ホーム | 運動不足と腰痛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/216-3fefc996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。