スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

メシマコブの健康食品

メシマコブというキノコの存在と薬効は、韓国人ならみんなよく知っていますが、日本では、まだまだメシマコブはメジャーなキノコではないようですね。
そのため、本当に必要としている人の手に入らないケースも少なくないんですね。
実際に食べられるのかどうか、美味しいのかどうか、私も判んないなぁ。
だけど、長年韓国にいたから、メシマコブの健康面での効能はよく知っているつもりです。
何故なら、韓国では今や当たり前のようにガン治療の現場で使われていて、私が勤めていた会社の社長も、その服用を受けていたからです。
メシマコブのお陰かどうかは解らないけど、一応手術をして2年、今も何とか普通に仕事をしながら治療を続けていらっしゃいます。
逆に言うと、日本では医薬品扱いされていないので、誰でも気軽に購入する事が出来るんです。

メシマコブは韓国で人工栽培に成功し、医薬品かされましたが、実は日本ではもうはるか昔からメシマコブの効能に着目されていたんですね。
ところが、日本では長崎県の五島列島の一角にある女島という島に行けば、天然物にお目にかかる事が出来ます。
ただし、まだまだ高価な健康食品の類の上、医薬品ではありませんから、メシマコブは健康保険の対象外となります。
写真を見ると、まさにコブのように生えているキノコで、メシマコブとはよく言ったものだと思います。
タバコウロコタケ科でキコブタケの仲間に属する多年生キノコなんだけど、野生に生育している姿は、サルノコシカケなどと同じで、木の幹から直接出ているんだって。
確かに、メシマコブは、シイタケやシメジ、エノキのように、美味しく食卓を飾ってくれるキノコではありません。
何故なら、日本ではメシマコブは医薬品としては認められていないため、健康食品として世に出回っているという現状があるからです。
メシマコブも、そんなガン患者さんにとっては、強い味方、日本でも早く医療現場に普及してほしいなぁっと思いますね。
女島に生育するキノコなのでメシマコブと呼ばれるようになったらしく、正式な学名はフェリナス・リンテウスといいます。
私の理想は、メシマコブが健康食品としても医薬品としてももっともっと日本列島に広がってくれる事かなぁ。
医療の現場でも、益々高度なメシマコブに関する研究や臨床が行われているようです。
なので、我々一般ピープルが、もっともっと健康食品としてでもいいから、目を向ければ、きっと近い将来、定着すると思うんですよね。
スポンサーサイト
【2009/12/13 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メシマコブでがん対策 | ホーム | メシマコブの効能>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/218-9bc8a6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。