スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

悪玉コレステロールの働きは

コレステロールと聞いて真っ先に思い浮かべるのが悪玉。
勿論それは満更ではないみたいなのですが、ちょっぴり誤解している部分もあったようです。
よくよく考えてみると、コレステロールは血液に溶けないんですよね、脂肪分だから。
今日、車のラジオでちらっと言っていた、コレステロールをちゃんと知って見直そうという言葉、すごく気になったんですよね。
ほら、よく、善玉とか悪玉とかと言われるHDLやLDL、あれってコレステロールその物ではないんだそうですね。

コレステロールの中身そのものよりも、この2つの車体、これが考える上で、重要なポイントになって来るようですよ。
でも私たち人間はこのコレステロールがないと生きていけないという話を聞きました。
血液中にコレステロールがたまると体に良くない事は誰もが知ってる話ですよね。
即ち、コレステロールは自力で体内を移動しているのではなく、このHDLやLDLと呼ばれる車に乗って体の各部位に運ばれているのです。
因みにHDLは善玉、LDLは悪玉コレステロールだというイメージを私はずっと持っていました。
実はHDLやLDLというのはコレステロールを運んでいる車のようなものなんですね。
まず、LDLによってコレステロールは血液中から体の各部位に送られて行きます。
このLDLが俗に言う悪玉コレステロール、とにかく頑張ってどんどんどんどん配達します。
しかし、私たちの体に必要なコレステロールの量というのはある程度決まっていますよね。
なんだか、LDLに悪玉コレステロールのレッテルを貼らせているのは私たち自身のような気がしませんか。
ようするに、身体に必要な分プラス、善玉であるHDLが回収出来る程度のコレステロールを運ぶようにさえしていれば何の問題もないんです。
ところが、私たちが勝手気ままな食生活を続ける事によって、この悪玉コレステロールの働きは益々活発になります。
今回ふとした事からコレステロールに関心を持って見て、本当に良かったなぁっと思っています。
御存じの通り、コレステロールは血液と一緒に血管の中を通って全身に運ばれる訳ですが、ここで一つ問題発生。
ブログやサイトを参考に、これからももう少しこのコレステロールについての学習を深めてみようと考えています。
スポンサーサイト
【2009/04/13 19:10】 | コレステロール | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。