スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

加齢による黄斑変性症

加齢というのは年齢を重ねる事で、厳密に述べると、赤ちゃんの時から今日まで、我々は加齢をし続けてる訳です。
その情報量もかなりのものだったから、勉強してみる価値と必要性は十二分にあるかなぁっと思いました。
年を取れば、みんな自然と体のあちこちに様々な支障を来します。
よく、加齢は止められないが老化は止められるなどと言う人もいますが、それを実行するのは結構大変ですよ。
それこそアンチエイジングという言葉通り、自分の老いと真っ向勝負する訳ですからね。
まあそういう意味では、肌トラブルの多くもそうですよね、いくらでも上手にクリア出来ます。

加齢臭だって、そう、加齢が齎す肉体的トラブルの一つです。
ただね、加齢臭位なら、それこそ自分の心がけ一つでどうにでもなりますよ。
そこで、ヘルス関連のブログやサイトを調べたところ、やはり昨今急増している目の病気みたいですね。
ある辞書には、”老化に伴う網膜中心部の黄斑の異常によって著しい視力低下や変視症などを引き起こす眼の病気”と書かれていました。
例えば、年を取ると、目が悪くなるのは仕方がない事だと思っている人、沢山いませんか。
ちょっと油断すれば、至る所から遠慮なく進入し、蝕んでいきます。
その名の通り、50歳以上の中高年に非常に多い病気で、昨今では、高齢者の主な失明原因の一つにも数えられているんですよ。
ですから、この加齢黄斑変性症、最近は国語辞典にも載っているみたいですね。
されど、加齢が齎す障害の中には、本当に日常生活や健康面で大きな支障を来すものも少なくありません。

加齢によって起こる加齢黄斑変性症、実は私も全く知らない病気だったんです。
勿論、本にっはめっちゃ驚いていましたが、私も大ショックでしたよ。
何故なら、この加齢黄斑変性症は、非常に遺伝性の高い病気だと言われたからです。
親子や兄弟で発症する事が珍しくないらしく、もしかしたら私も、将来は失明してしまうかも知れないんですよね。
加齢黄斑変性症には、浸出型と萎縮型の2種類があるらしく、うちの母の場合は滲出型と診断されました。
目や耳が遠くなったり、肌の張りや潤いがなくなったり、頭の回転が鈍くなったり・・・と、加齢が齎す傷害は、決して小さいものとは言えませんよね。
正直、加齢に伴う変化はすぐさま老化現象に繋がる事も少なくないからです。
加齢による老化は誰しもが襲われるもの、若いうちから知識を持っておく事が大事なんでしょうね。
本音を言うと、母と同じ位怖いんだけど、これを機に、加齢とちゃんと向き合ってみようと思えたからです
スポンサーサイト
【2010/01/06 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<加齢対策に黒にんにく | ホーム | 加齢と健康>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/240-1dbf8566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。