スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

加齢医学研究所

加齢による肌の衰えだとか、抜け毛だとかっていう感じで、アンチエイジングを謳ったコスメが沢山出ています。
うちの母親なんかも、一生懸命塗ったり貼ったりしていますよ、ナイトクリームだのフェイスマスクだのって言ってはね。
まあ確かに、アンチエイジングというのは立派な加齢対策ではありますが、年を取る事を防ぐものではありません。
あの手この手でアンチエイジングにトライするのは大切な事だと思います。
早い話、ある程度の年齢の頃の肉体や頭脳を取り戻し、キープしようというものです。
むろん、時の流れとともに加齢を重ねていくのを、ただじっと指をくわえて見ているのは絶対よくないですからね。
だって、年を取るのって、神様や仏様にも止められないんですものね。

加齢を医学的観点から考える加齢医学研究所、一体どんな研究をしているのかなぁ。
実際に欧米では、加齢医学と呼ばれる学術部門が存在し、日々様々な研究が行われています。
アンチエイジングも実はそこから出た言葉で、医学的観点からとらえるのが基本なんですよ。加齢というのは、文字通り、年齢を加える事、つまり年を取る事なのですが、この加齢、日本では美容的観点からとらえられる事も多いですよね。
今や世界一の長寿国となった我が国、やはり高齢者専門の医学を考える事は必要不可欠ですもんね。
加齢医学はもっともっと日本で発展していくべきだと思うし、そういう施設が増えるのは素晴らしい事でしょう。
ただね、残念ながら国公立大学の中では、まだ東北大学にしかないんです。
ただ、東北大学の研究所では、恐らく医学に重きを置いて研究しているんでしょうね。
そういう意味で、東北の地に加齢医学研究所が設立されたのは、これまたいい事なんでしょうね。
あっ、ジェロントロジー というのは、年齢を加える事によって生じる諸問題を研究する学問領域の事です。

加齢を美容的観点からとらえるのも大いに結構なのですが、加齢を医学的観点からとらえる事もとても大事ですよね。
基本的に、生物学・医学などの自然科学と社会科学を統合して研究するものだから、加齢医学は間違いなく含まれますよね。
加齢学の中でも最も重要な部分だから、それに特化した研究所の活躍に期待せずにはいられないですよね。
厳密に言うと、アンチエイジングというのは時計の針を戻すという意味で、ストップ・ざ・加齢という訳ではないんですよ。
スポンサーサイト
【2010/01/08 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<加齢臭対策の酵素パワー | ホーム | 加齢対策に黒にんにく>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/242-26de72c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。