スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

加齢と食事量の関係

だったら、今、この年で無理にダイエットなんてしなくても、加齢が進めば、自動的に痩せられるっていう事でしょう。
この間ネットを見ていたら、加齢を考える料理教室というのが紹介されていたんです。
ただ、年を取ると、それだけ消費カロリーが減りますから、必要なカロリー自体が少なくて済みます。
加齢によって身につけた経験と知識で、自分の健康を維持する事はとても大切なのではないでしょうか。
以前、10代には10代の、40代には40代の、そして、60代には60代の食事法があると聞いた事があります。
それによると、加齢とともに変わって来るのは、食事量とその中身の両方なんですよね。
それより、加齢とちゃんと向き合って、年相応の生活をする事が重要でしょう。
国が定める生活費の基準でも、ある一定の年齢を過ぎると、加齢とともに食費は少なく見積もられています。
即ち、40代の頃ほど沢山食べなくても、60代の体は十分維持出来るというのはほぼ間違いないようなのです。
ただね、加齢とともに増加するのが様々な病気の驚異、そして、それらの病気は、アンバランスな食生活が引き起こす事がとても多いんですよね。
逆に言うと、加齢とともに食事量の減らない人は、とても危険なのではないでしょうか。
気持ちはよく分かるけど、それは自分の加齢と健康を考えた食生活とは言えないでしょうね。

加齢は避けられない事だし、加齢を恐れる必要はないと思うんですよね。

加齢とともに食事の量が減るのではなく、実際には、加齢とともに食事の量を減らさなくてはならないようです。
それも、ただ年を取る事を嫌がるのではなく、年齢を重ねる事を楽しめたらいいなぁっと私は思います。
先日、会社の健康診断でメタボ予備軍に認定されたうちの旦那様、開き直ってこんな事を言うんですよ、どう思われます。
その加齢を考える料理教室の診断によると、うちの旦那の場合、食事量は今のところは年相応なんです。
ただ、中身にかなり問題があって、このままでは成人病患者への道、驀地って感じです。
やっぱ、どうせ加齢とともに食事量が減って痩せられるんだからっていう勝手な考え方はNGみたいですね。
だけど、それって、一応私にも責任がある訳で、これはまず自分が勉強しないといけないなぁっと思いました。
すぐには難しいかも知れないけど、もっともっと加齢と健康を取り上げたブログやサイトを読んで、食生活について考えたいと思っています
スポンサーサイト
【2010/01/10 11:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブライダルチェックの内容 | ホーム | 加齢臭対策の酵素パワー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/244-f7c916ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。