スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ナイアシン療法の内容

で、調べてみたら、確かにナイアシン療法というのは存在していて、特に欧米ではかなりポピュラーな心療内科の施術の一つのようなんですよね。
知人のお兄様同様、ナイアシン療法で心疾患を克服されたという方も沢山いらっしゃいます。
統合失調症に効果を発揮すると言われるナイアシン療法が、本当に鬱病の患者さんにも効くのでしょうか。
実際に統合失調症だったお兄様が早期で非常にいい形に回復されたという事でね。ナイアシンと言えば、昔はビタミンB3やビタミンB4と呼ばれていた栄養素だそうですが、ナイアシンが心疾患に効くっていうのは本当なのでしょうか。

ナイアシンを多めに摂取して自律神経をコントロールさせるナイアシン療法。
本当は、専用の医薬品があるとは思うのですが、市販のナイアシン配合の薬やサプリメントで、なんとかと考えている娘のブログです。
うちの父の場合は、仕事のストレスが原因で発症した鬱病、まだとても軽い状態です。
こんな事、掛かり付け医に相談すればいい事だと思われるかと思いますが、うちの父は大の医者嫌い。
だけど、ナイアシンの一日の摂取量には上限があって、取りすぎても良くないと言われていますよね。
ですから、もし本当に必要ならいいんだけど、そうでなければ、むやみやたらと勧める訳にもいきません。
と言う事は、それほどナイアシンの過剰摂取等による副作用は、気にする必要もないのでしょうか。
医者嫌いの父親ですが、意外や意外、サプリメントは結構好きなんです。
そんな父に、無理矢理ナイアシン療法を押しつけるのもどうかという母の意見ももっとも。

ナイアシンを毎日定期的に摂取して病気の改善に努めるナイアシン療法。
ナイアシンに関する説明を読んでいると、その効能の中には、鬱病も記載されていました。
特に父は、肉よりも魚が好きだし、完全な和食党なので、成人男性に必要な栄養分はそこそこ行き届いていると思われます。
ただ、どうなんだろう、鬱病と統合失調症は同じ精神的な病で、似ているようでも少し異なります。
そういう方々のブログが掲載されているサイトもあって、いくつか読んでみましたが、私が心配している副作用については、余り取り立たされてはいませんでした。
今までは男のくせに変な親父だと思っていましたが、ナイアシンの効能を知った今となっては、そのおかしな性格を利用し泣いてはないんじゃないかなぁっと思ってはいます。
そう思って、健康関連や心療関連のブログやサイトで、ナイアシン療法について、もっか猛勉強中の親不孝娘です
スポンサーサイト
【2010/01/23 11:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ナイアシンを含む医薬品 | ホーム | ブライダルチェックのカップル受診費用>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/249-1c79617a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。