スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ナイアシンを含む医薬品

まあこれは、ナイアシンが含まれていても含まれていなくても関係ない、最低限弁えておかなければならない医薬品服用のルールと言えるでしょう。
ナイアシンというのは、ビタミンB3とビタミンB4の総称です。
でもって、最低限摂取しなければならない量は13~14mgNE位位で、これは食事だけで十分補える数値だと言われています。
女性にとってビタミン不足は絶対禁物、なるべくサプリメントなども利用してふんだんに摂取したいと思いますよね。

ナイアシンがどうのこうのと言う前に、薬は正しく服用する事が大事な訳で、摂取方法さえ誤らなければ、そう安易にナイアシンの過剰摂取に繋がる事はないようです。
ならば、ナイアシンの摂取量を減らしたいと思えば、そうしたサプリメントを控えればいいだけ、簡単な事だと思うでしょう。
でもね、その辺がビタミンB群なんですね、サプリメントだけでなく、結構いろいろな医薬品にも含まれているんです。
だから、知らず知らずの間にナイアシンを過剰摂取している事も少なくないんだそうですね。
私も全然知らなくて、昨日のラジオで聞いてビックリしちゃいましたよ。
因みに、名前を出しちゃってもいいのかどうかよく分かんないけど、ナイアシンが豊富に含まれている代表的な製品は、チョコラBBやハイシーBメイトなんか。
これらは、サプリメントじゃなく、医薬品待遇のビタミン剤なので、比較的みんな安心して飲んでますよね。
実は、私も飲んでて、このナイアシンの話を聞いた時は、マジ、冷や汗ものでした。
ただ、よくよく聞いてみると、ナイアシンは他のビタミン類と一緒に摂取する事によって、非常に効果的に体内に吸収され、作用するそうですね。
なので、こうしたナイアシン配合のビタミン剤を服用するのは、決して悪い事でもなさそうなんです。

ナイアシンを一杯取りたいと思えば、ナイアシン配合のサプリメントを飲むのが最も手っ取り早い方法です。
それに、成人女性の場合、一日に取り入れていいナイアシンの上限は30mgNE位。
つまり、しっかり食事をとって、医薬品の服用量もちゃんと守っていれば、ナイアシンの摂取量自体はそれほど気にする必要はないみたいなんですよね。
でも、気になる方は、今服用中の医薬品やサプリメントの成分表を一度チェックしてみられるといいかも知れませんね。
なので、ナイアシンは沢山取れば取るほどいいような気がするでしょう。
ナイアシンに関する詳しい情報は、健康関連のブログやサイトに沢山掲載されているという事だったので、私も近いうちに、ちょっと調べてみようかなぁっと思いました
スポンサーサイト
【2010/01/24 11:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ナイアシン配合のサプリメント | ホーム | ナイアシン療法の内容>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/250-c379c426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。