スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

コレステロールの予防は余り神経質にならず

コレステロールの値が騒がれる昨今ですが、全くなくなってしまっては私たちは生きて行けません。
そうしたサイトやブログには、適度な運動も紹介されていたりなんかするので、健康全般から見ても、とても良い参考になると思います。
けれど、いくら大切な原料であっても、一気に取り込み過ぎては行けません。
コレステロールの値を考える食事として、レシピつきで掲載されている事も多いので、是非又、一度読んでみてみられるといいのではないでしょうか。
結果、血液中に溜まったコレステロールは血管の壁に付着し、血液の通り道を狭くしてしまいます。
これが、コレステロールが招く動脈硬化、今最も重視されている健康問題の一つです。
通常その響きの悪さも手伝っているのかも知れませんが、皆さんよく悪玉コレステロールの数値ばかりを気にされるようですね。
HDLを増やす食材は健康関連のブログやサイトの中で多数紹介されています。
そしてそのためには、なんでもかんでも美味しくバランス良く食べる事、それこそが最良のコレステロール値を上げない予防法だと私は思います。
何しろ、血液中を通って、体の各部位にその原料となるコレステロールを配達している粒子こそがLDLなのですから。
ただ、先ほども書いた通り、人間の体のコレステロールの必要量というのはある程度決まっています。
それを超えると余分なコレステロールという事になり、回収する必要が出て来ます。
ようするに、いくらLDLが増加しても構わないんですよね、このHDLがそれ以上に体内に存在していれば。
HDLが増え、頑張って活動してくれると自然とLDLの数値は整えられるようになります。
けれど、この悪玉コレステロールが足りなくなると、私たちの体は様々な不調を及ぼします。
コレステロールには善玉と呼ばれるHDLと悪玉と呼ばれるLDLの2種類があります。

コレステロールを考える事、それは悪玉コレステロールの数値を考える事だと思っていらっしゃる方も少なくないようです。
コレステロールは冷蔵庫の使いきれなかった特売品のように、賞味期限が過ぎたからと言って、簡単に廃棄する事が出来ないからです。
コレステロールの予防は余り神経質にならず、楽しく美味しく日々当たり前に続けたいものですね。
スポンサーサイト
【2009/04/17 19:13】 | コレステロール | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。