スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

レステロール塞栓症はマイナーな

コレステロール塞栓症という病気があるんですね。
勿論少々難しい部分はありますが、コレステロール塞栓症というものをちゃんと勉強し、ある程度理解出来る事は間違いありません。
友達も友達のお母さんも、それまで聞いた事のないその病名にビックリ。
手術前の説明でもこのコレステロール塞栓症についての話は全く出なかったそうです。
でも、腎臓に大きな障害を与えるのです、そのコレステロール塞栓症がきっと怖い病気だという事は察知出来たと言います。

コレステロール塞栓症とは、大動脈や比較的太い動脈のaterome plaqueから発生したコレステロール結晶が小動脈に多発性の塞栓を起こした状態。
けれど、コレステロール塞栓症という言葉すら載っていない記事が殆どです。
CCEとも呼ばれるこのコレステロール塞栓症、最近注目の医学キーワードの一つだそうですが、私は全く知りませんでした。
なぜコレステロール塞栓症などという重病を発症したのか、そう簡単には理解出来ないし、納得も出来ないですよね。
今、医師も注目しているコレステロール塞栓症、是非私たちも目を向けてみたいものですね。

コレステロールが原因の病気は沢山ありますが、このコレステロール塞栓症もその一つなのでしょうか。
でもまだまだこのコレステロール塞栓症はマイナーな疾患、友達の家族のように、手術前にその可能性が説明される事のない場合も多いようですよ。
ですから、もし家族の誰かが、心臓や血管の手術を受ける事になった際には、自分である程度調べて、医師と話し合う必要があるのではないでしょうか。
その結果多臓器障害を発症した疾患がコレステロール塞栓症であると百科事典には掲載されていました。
ただ、医療関連のブログやサイトではしっかりと取り上げられています。
それどころか、医師もすぐにはコレステロール塞栓症であるという診断を下せなかったそうですよ。
幸い友達のお父様の場合は指定の薬を飲み続けるだけで何とか腎臓の機能は維持出来るそうですが、中には足を切断したり、人工透析を施す必要のあるケースもあるそうですね。
スポンサーサイト
【2009/04/18 18:39】 | コレステロール | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。