スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

足つぼ図の指圧方法のポイントは?

これも広範囲に使えて簡単につぼを刺激できる方法の一つなのですが、親指の先を使って足つぼ図マッサージを行う方法です。
今回は、足つぼ図マッサージの正しい指圧方法をご紹介しましょう。
指の腹全体で指圧することが足つぼ図マッサージのポイントです。
足つぼ図マッサージの指圧は、力の弱い人にもできるので、力の弱い女性や子供、それからお年寄りの方にもおすすめです。
女性や子供などで指の力が弱い場合は、両手の親指を使って足つぼ図マッサージをするといいそうです。
また、かかとなどの指で押すには少し硬い部分は、手を握って指の関節で足つぼ図マッサージを行うと効果的です。
また、もっと強く刺激したいときや、関節をつかってもうまくいかないときは、市販のつぼ押し棒やボールペンなどを、足つぼ図マッサージをするときにお使いください。
爪が食い込むと痛いので、足つぼ図マッサージをするときは爪を短めに切っておくことをおすすめします。

足つぼ図マッサージのコツが、少しは掴めてきましたか?
では、次はもっと細かく、足つぼ図マッサージの指圧のコツを説明していきましょう。
一番基本的な足つぼ図マッサージの指圧方法は、先ほども説明した親指の腹を使う方法です。
足つぼ図マッサージに使うつぼ押し棒は、最近では100円均一にも売っているそうです。
力加減が弱いと感じたときは、足を支えている左手の親指も使って足つぼ図マッサージを行うといいでしょう。
ポイントは、足つぼ図マッサージを行うときに、親指を90度に折り曲げることです。
90度に曲げた親指の先で刺激して、足つぼ図マッサージを行うこの指圧方法は、足全体の血行をよくする効果もあるそうです。
冷え性の方にもおすすめの足つぼ図マッサージの指圧方法ですね。
この足つぼ図マッサージの指圧方法は、広範囲に使えるそうなので、是非おぼえてください。
スポンサーサイト
【2009/03/30 10:50】 | 足つぼ図 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<足つぼ図の更年期障害への効果は? | ホーム | 足つぼ図フットリフレクソロジーでリラックス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kenkoublog3.blog38.fc2.com/tb.php/5-a79ac920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。